できたシミを消す前に基本的な対策から

できたシミを消すということは簡単なことではありません。
すぐに短い期間で消えることはあまりなく、長期に渡って対策をしなければなりません。

そして、シミを消すのには強い化粧品を使わなければならない場合が多く
濃くなったシミに対して効果を発揮するものだと、敏感肌の人にはリスクの高いものだったり
値段が張るものが多くなってしまいます。

できる前に基礎的な対策予防をして作らない努力をしましょう。

シミができる要因について

シミはどうやってできるのでしょうか。
それがわかれば対策に大いに役立ちますので、見ていきたいと思います。

まず、日中外に出ることによってできる日焼けです。
そして、そこから起こったり、老年齢になるにつれ問題になってくる乾燥も挙げられます。

次に主に顔などにできてしまったにきび。
日々の間違ったスキンケアをしていくことによるもの。

偏食、暴飲暴食などの乱れた食生活、社会生活におけるストレスの影響。
睡眠不足、そしてタバコを吸うことにより肌に悪影響を及ぼします。

1つではなく、たくさんの要因がありこれらのことを対策しないと、どんどん肌は悪化し
シミの原因を作っていく手助けをしてしまいます。

シミの原因-第一三共ヘルスケア

シミの予防を行う

日々の生活でできるシミ予防として、まず日焼け対策を行う事です。
紫外線はシミを作ってしまう大きな要因です。
夏だけ対策をすればいいというわけではなく、年間を通して行いましょう。

日焼け止めを利用したり、マスク、帽子、日傘も役に立ちます。
近年は男性用の日傘もありますので、使ってみてはいかがでしょうか。

日焼け止めには紫外線を防ぐために強さの度合いが違ってきます。
しかし、強いほど肌への負担も大きく、それがもとでシミの原因になることもあります。

日常生活で使う場合には、一番弱い日焼け止めでいいですが、ドライブや外でのデートや海や山のアウトドアの場合は
強い日焼け止めを使う必要があります。

次にしっかりと睡眠をとることも重要です。
肌のターンオーバーは夜の10時~2時が活発になるので、この時間に寝ていると肌のダメージも修復され、シミができにくくなります。

ターンオーバーを正常化させるならシミ サプリ ランキングがおすすめ

日焼けした後のシミの予防を忘れずに

日焼けをしてしまった時に、シミ予防をしなければなりません。
まず、日焼けした部分を冷やしてください。
患部を冷水や冷たいタオルで巻いて熱をとる必要があります。

日焼けして炎症している時は強い化粧品では逆効果になりますので、界面活性剤や添加物が入っていない肌に優しい化粧品を選んでください。
早めの対策で、2日以内に行いましょう。

こうした日々の積み重ねで、対策を怠らない事がシミ予防には大切なことです。

【PR】
スムースビップ 効果