顔の内側から外側に向けて力を入れずにクリームを塗布しよう

スキンケアの基本は、お肌に余計なダメージを与えないようにすることです。熱心にお手入れしようと思えば思うほど、お肌をごしごしこすったり、たたいたり、余計な刺激を与えてしまっている人も少なくありません。
保湿クリームを塗る時も同じことです。正しいクリーム塗り方ができていないと、お肌にダメージを与えてしまい、せっかくお手入れを頑張っているのに逆にお肌トラブルを引き起こしてしまう原因になることもあるんです。
保湿クリームを顔に塗る時にはどんなことに気をつけたらよいのか紹介していきます。

保湿クリームを塗る時に気を付けたいこと

保湿クリームを塗る時、どうしたら、お肌に余計な刺激を与えないですむかをよく考えてみてください。お肌にしっかり塗り込みたいからと言って、強い力を与えて、クリームをも見込むような塗り方では、お肌に負担がかかるのは当然ですよね。
保湿クリームは、スキンケアの最後に使用します。クレンジングと洗顔でしっかり汚れがoffされて、化粧水で水分が与えられている状態のお肌は、しっかりと整っているはずです。ここで、保湿クリームを塗るためにダメージを与えてしまっては台無しですから、できる限り負担をかけないで済むように意識してお手入れを行いBIHAKU 口コミもチェックしましょう。

内側から外側にのばしていきましょう

クリームを手に取ってから、顔に少しずつ乗せたら、内側から外側にゆっくりとのばしていきましょう。顔全体に伸ばさなければいけないと思って、強い力を入れることはしてはいけません。ゆっくりとのばすことで、クリームがお肌になじんで延ばしやすくなるので、焦らず、丁寧に塗っていくことが大切です。
お肌をしたから上に持ち上げるようなイメージで延ばしていくと、しわやたるみの対策にもなるのでおすすめです。

指だけではなく手のひら全体を使って

保湿クリームを塗る時には、指だけではなく手のひら全体で顔を包み込むような形で、塗っていくようにしましょう。保湿クリームはお手入れの最終段階なので、リラックスした気持ちで、マッサージするような感覚で心地よいと感じられるような塗り方ができると良いですよね。
手のひら全体を使うことで、クリームが人肌に温まり、浸透しやすくなるので、保湿効果もアップしますよ。

保湿クリームはお肌に負担をかけずゆっくり丁寧に塗りましょう

保湿クリームを顔に塗る時には、焦らずゆっくりと時間をかけて丁寧に塗っていくことが大切です。手のひら全体で、内側から外側に向かってクリームを顔全体に伸ばしていきましょう。
スキンケアは毎日のことなので、時間をかけられず急いで力を込めて塗り込んでしまうということもあるかもしれません。でもそれはお肌のためにとってもよくないことです。コンシダーマルはできるだけ、気持ちと時間に余裕をもってゆったりとお手入れできると良いですよね。